無料から始める!標的型攻撃メール対策に
最適な教育・訓練クラウドサービス

ASPICクラウド・IoTアワード2016「支援業務系グランプリ」受賞サービス

平成30年7月豪雨のお見舞いとお知らせ

標的型攻撃メール対策のヒントがここに!?CYAS集計レポート無償配布中!

CYAS訓練結果を総合的に分析した集計レポートを、無償配布中です!

どのようなメール内容の場合に、URLアクセスや添付ファイル開封という行為に繋がり易いのか。利用ユーザーのOS・ブラウザは?
今回、猛威を振るう標的型攻撃メール対策のヒントが得られるのではないか?という考えのもと、
過去1年間のCYAS有償プラン利用組織による訓練結果を分析した集計レポートをとりまとめました。
対策をご検討中のお客様は、ぜひご活用ください。

本レポートは、無料アカウント登録いただくことで、CYAS管理画面よりダウンロード可能です。

企画の詳細記事はこちら 無料アカウント登録はこちら

ニュース&
トピックス

ウェビナー開催のお知らせ

CYASとは

高い訓練精度で
定期的に

全社に一斉配信せず
一部に対して少しずつ
手間無く
誰でも簡単に

専用管理画面から
簡単に訓練を実施し、
集計可能
無料から
始められる

※毎月1回10通まで
今まで高額で実施できなかった
社員向け標的型攻撃メール訓練を無料で実施。

※毎月1回10通まで
毎月一部の社員に対して実施できるので、
高い精度の訓練を継続的に実施可能です。

こんな企業様にこそお勧めです

少人数で従来のセキュリティ訓練は割高だった
組織が大きく、一斉配信では訓練精度が低かった
セキュリティ教育に予算が掛けられなかった
定期的に実施したいが、予算が取り辛かった
年間を通した訓練は、手間が掛かるので実施できなかった

メリット

情報セキュリティ意識を見える化


定期的に標的型攻撃メールを模した訓練メールを社員に送信し、開封したユーザーの情報を
全て監視・蓄積します。現時点での御社社員のセキュリティ意識を数値化し、可視化します。

情報セキュリティ意識を見える化│CYAS 標的型攻撃メール訓練サービスのメリット

社員の情報セキュリティ耐性を強化


訓練メール本文に記載されたURLへアクセスするか、添付ファイルを開封した際には、
標的型攻撃の被害にあわない為のポイントを解説するコンテンツを表示し、教育します。
また、訓練メールを通常業務メールに混ぜて定期的に配信する事により、
受信メールに対する注意意識が高まり、標的型攻撃などの耐性が向上します。

社員の情報セキュリティ耐性を強化│CYAS 標的型攻撃メール訓練サービスのメリット

訓練結果は自動的にレポート化

「誰が」「いつ」「何で」標的型攻撃訓練メールに引っかかってURLアクセスもしくは、添付ファイルを開封してしまったのかという訓練の結果を自動的にレポート化します。定期的に実施する事で、社員の意識レベルの改善度合いもチェックできます。

訓練結果は自動的にレポート化│CYAS 標的型攻撃メール訓練サービスのメリット
URLへのアクセス、添付ファイルの開封率
開封者リスト
開封時間

手間を掛けずに年間訓練


プレミアムプランでは、訓練対象者に対して自動的に訓練メールを配信できる「自動訓練機能」が利用可能です。
一人当たりの年間訓練回数を入力するだけで、
細かく分割された高精度な訓練を自動的に実行、レポート化します。

社員の情報セキュリティ耐性を強化│CYAS 標的型攻撃メール訓練サービスのメリット

※アカウント作成は1ドメインにつき1つまでとなっております。予めご了承ください。

機能一覧

誰でも簡単に標的型攻撃メール訓練が行えます

管理画面から誰でも簡単に
好きなタイミングで

管理画面から誰でも簡単に、訓練メールの配信登録を行う事が可能です。

多数の標的型訓練の配信文面を用意しています

多数の配信文面を用意

標的型攻撃を模した訓練メールの文面は、トレンドを意識して作られた多数の文面テンプレートから選択する事ができます。

標的型訓練メールは本文URLも添付ファイル型もOK

本文URL型でも
添付ファイル型でもOK

訓練メールの本文内に記載されたURLをクリックさせるのか、添付ファイルを開封させるのか、管理画面で自由に選択可能です。定期的に実施して双方共に意識強化させましょう。

宛先はCSVファイルをアップロードするだけ

宛先はCSVファイルを
アップロードするだけ

訓練メールの配信宛先は、管理画面からCSV形式で一括登録するだけです。

送信元アドレス・配信日時を自由に設定

自由に送信元アドレスや、
配信日時を設定可能

訓練メールの配信元は、自由に設定可能です。標的型攻撃の送信元としてよく使われるフリーメールや、取引先に似せたアドレスなどを独自に設定してください。

※スパムフィルタなどの設定は独自で行っていただく必要があります。

訓練結果は自動で集計&レポート化

訓練結果自動集計

誰がいつ何で訓練メールを開いてしまったのかという情報は、全て自動集計され、管理画面上からレポート形式でダウンロード可能です。

配信登録数・上限数解除可能

配信登録数・配信数
上限解除設定

無料プランは、月に1回10通まで自由に訓練を行って頂けます。もしそれ以上の配信をご希望の場合は、管理画面から上位プランへの移行を簡単に行う事ができます。

※有料プランのみ。

オリジナルの標的型攻撃訓練メール

訓練メールの文面は
編集が可能

テンプレートから件名・本文を選択するだけでなく、自由に内容を編集して配信する事が可能になります。

※エンタープライズプラン・プレミアムプランのみ。

定期的な訓練&レポート化自動訓練機能機能

定期的な訓練&レポート化
自動訓練機能

一人当たりの年間訓練回数を入力するだけで、高精度な訓練を自動的に実行、レポート化します。訓練を定期的に実施したいが、手間が掛かる…とお困りの管理者様を支援する、CYASだけの機能です。

※プレミアムプランのみ。

自動訓練機能ポイント1

たった一度の設定で年間訓練が実施できます。訓練を定期的に実施したいが、手間が掛かる…とお困りの管理者様を支援します。

自動訓練機能ポイント2

自由編集機能と組み合わせることで、より高精度な訓練を実施できます。時期や部署ごとに内容の違う訓練メールを自動で配信します。

自動訓練機能ポイント3

訓練メールを分割、定期配信を行い、さらにレポート集計まで自動で実施。この自動訓練機能はCYASだけの機能です。


※アカウント作成は1ドメインにつき1つまでとなっております。予めご了承ください。

導入プラン

無 料
プラン
スタンダード
プラン
エンタープライズ
プラン
プレミアム
プラン
プライベート
プラン
費用 0円 1,080円~/月 2,160円~/月 3,240円~/月 別途お見積り
月毎の
上限メール配信数
10通 20通~ 20通~ 20通~ 応相談
月毎の
配信セット上限数
1 無制限 無制限 無制限 応相談
訓練結果
自動レポート化
URL型
メール配信
添付ファイル型
メール配信
差出人編集
件名編集
本文編集
訓練コンテンツ
編集
文面テンプレート
管理
広告非表示
自動訓練機能 応相談
複数ドメインへの
訓練メール配信

※月額費用は消費税率8%の総額表示です。
※各プラン、オプション共に最低ご利用期間は6ヶ月となります。
※無料プランはサポート対象外となります。

料金表

スタンダードプラン
月額費用
エンタープライズプラン
月額費用
プレミアムプラン
月額費用
プライベートプラン
月額費用
月10通プラン 無料 別途お見積り
月20通プラン 1,080円/月 2,160円/月 3,240円/月
月50通プラン 2,700円/月 5,400円/月 8,100円/月
月100通プラン 4,320円/月 8,640円/月 12,960円/月
月300通プラン 9,720円/月 19,440円/月 29,160円/月
月500通プラン 15,120円/月 30,240円/月 45,360円/月
月1000通プラン 28,080円/月 56,160円/月 84,240円/月
月2000通プラン 51,840円/月 103,680円/月 155,520円/月
月3000通プラン 71,280円/月 142,560円/月 213,840円/月
月5000通プラン 108,000円/月 216,000円/月 324,000円/月

※月額費用は消費税率8%の総額表示です。

有料プランをご希望の方もまずは無料登録をお願い致します。


※アカウント作成は1ドメインにつき1つまでとなっております。予めご了承ください。

ご利用の流れ

ご利用の流れ

サービス品質

ISO27001及びISO9001認証取得済み

情報セキュリティマネジメントシステムの国際基準ISO27001
及び品質マネジメントシステムISO9001認証取得済み
当社は情報セキュリティマネジメントシステムの国際基準であるISO27001及び、品質マネジメントシステムISO9001の認証を取得しております。国際基準に則った業務フローを確立し、確実な運用を行う事で、安全で高品質なサービスを提供しています。
ISO27001
  ISO9001
ISO9001
  ISO27001

「ASP・SaaS安全・信頼性に係る情報開示
認定制度」に認定

ASP-SAAS
一般財団法人マルチメディア振興センター様により、
「ASP・SaaS の安全・信頼性に係る情報開示」が適切に行われていると
認定されました。
情報開示認定制度は、ASP・SaaSサービスの活用を考えている企業や地方公共団体などが、事業者やサービスを比較、評価、選択する際に必要な安全・信頼性に係る情報を適切に開示し、かつ一定の要件を満たすASP・SaaSサービスを認定するものです。ここでは、安全・信頼性に係る実施水準や状態、あるいは事業者の経営状況などではなく、「安全・信頼性についての情報が適切に開示されている」ことが認定されることになります。

「ASPICクラウド・IoTアワード2016」においてASP・SaaS部門「支援業務系グランプリ」を受賞

ASP-SAAS
当社サービスCYASが、
優秀かつ社会に有益なクラウド・IoTサービスであることを評価頂きました。
「ASPICクラウド・IoTアワード2016」とは、総務省などの後援により2016年10月26日に行われた特定非営利活動法人ASP・SaaS・IoTクラウドコンソーシアム(略称:ASPIC、東京都品川区、会長:河合 輝欣)主催の、日本国内で最も優秀かつ社会に有益なクラウド・IoTサービスを表彰するものです。

サービスインフラ基盤にIBM社SoftLayerを採用

お客様に安心してご利用頂くため、業界標準とその規定に則った
遵守が進められたSoftLayerを採用致しました。

BUILT ON SOFTLAYER
世界基準と
規定の遵守
SoftLayerの全てのデータセンターはSSAE16に順じ、その報告書はSOC1、SOC2として認証されています。また、様々な国際基準を取得した高レベルなインフラ環境です。
独自の設計思想に基づく
高レベルなセキュリティ

Tier3以上のIDCにて、設備の冗長化をはじめ、スペース・ネットワーク・要員・センター内インフラ基盤まで高度に標準化された安心の環境にて運用されています。

冗長構成のとれた
安心の電気設備
パブリックネットワーク・プライベートネットワーク・管理用アクセスは全て独立し、分離されたネットワークとして構築されています。

安全のバックアップ体制

関西と北陸の2重バックアップ

お客様のデータは、安全性を高める為に地域の違う国内データセンターを2拠点利用し、さらに独立したバックアップ用のストレージを設置し2重でバックアップ。 バックアップは1日1回実施しており、万が一の障害でも前回バックアップ時までの状態に復旧することが可能です。このように徹底したバックアップ体制で運用しているので、安心してご利用頂けます。

サービスの品質保証制度(SLA)について

当サービスにおけるサービス品質につきましては、CYAS 品質保証制度のとおり定め、これを保証します。

よくある質問

利用登録は、どのように行うのですか?
有料のスタンダードプランへ変更登録を行ってから、どの位で利用できるようになりますか?
利用登録には何が必要となりますか?
最低利用期間はありますか?
契約書を取り交わす必要はありますか?
その他の質問はこちら

お問い合わせ

CYAS 標的型攻撃訓練サービスへの無料登録はこちら ※アカウント作成は1ドメインにつき1つまでです。
CYAS 標的型攻撃訓練サービスへのお問い合わせはこちら
CYAS 標的型攻撃訓練サービスへの疑問はこちらまで
ASP・SaaS認定

CYASは総務省推奨の安全・信頼性に係る
情報開示認定制度にて認定を取得しています。

アワード2016

ASPICクラウド・IoTアワード2016
「支援業務系グランプリ」受賞